2015年05月15日

見かけ上の "as well 〜 as" に要注意

 以下は,明日,『(ほぼ日刊)ラッセルの言葉366』(メルマガ)で配信する予定のものです。
 http://archive.mag2.com/0001626338/index.html
 前後を含めたものは以下に本日掲載しました。
 http://russell-j.com/beginner/OE11-080.HTM

 要注意な点は、"as well as" の構文ではないことです。"own thoughts as regards the attitude" を一塊ととらえる必要があります。そのようにとらえないと,魚津訳(みすず書房版)や堀訳(角川文庫版のような(「自分の思想をはっきりさせることが必要であるように,親に対するどのような態度を子供たちに期待スべきかについても,はっきりさせておく必要がある」といった)誤訳が生まれてしまいます。

(原文)
It is as well to be clear in our own thoughts as regards the attitude we are to expect from children to parents. If parents have the right kind of love for their children, the children's response will be just what the parents desire. The children will be pleased when their parents come, and sorry when they go, unless they are absorbed in some agreeable pursuit; they will look to their parents for help in any trouble, physical or mental, that may arise ; they will dare to be adventurous, because they rely upon their parents' protection in the background -- but this feeling will be hardly conscious except in moments of peril. They will expect their parents to answer their questions, resolve their perplexities, and help them in difficult tasks. Most of what their parents do for them will not enter into their consciousness. They will like their parents, not for providing their board and lodging, but for playing with them, showing them how to do new things, and telling them stories about the world. They will gradually realize that their parents love them, but this ought to be accepted as a natural fact. The affection that they feel for their parents will be quite a different kind from that which they feel for other children. The parent must act with reference to the child, but the child must act with reference to himself and the outer world. That is the essential difference. The child has no important function to perform in relation to his parents. His function is to grow in wisdom and stature, and so long as he does so a healthy parental instinct is satisfied.

(訳例)
 親に対してどのような態度を子供に期待すべきかについて,私たちの考えをはっきりさせておくこともまたよいことであろう。親が我が子に対して正しい愛情を持っているならば,子供の反応は,まさに親の望みどおりのものになるだろう。子供たちは −−何か楽しい遊びに夢中になっているのでないかぎり−− 親が自分の方にやってくれば喜び,行ってしまえば悲しむ。子供たちは,肉体的なことでも,精神的なことでも,困ったことが生じれば親の助けを求める。即ち,子供たちは,思いきって冒険をしようとするであろうが,それは,背後に親の保護を当てにしているからである。だが,この感情は,危機に陥った瞬間を除いてほとんど意識にのぼってこないであろう。子供たちは,親が自分の質問に答え,子供にとって困難な問題を解決し,骨の折れる仕事を手伝ってくれることを期待している。親が子供のためにしてやることは,大部分,子供にの意識にはのぼらない。子供は,親が好きになるだろうが,それは,食事や住むところを与えてくれるからではなく,いっしょに遊んでくれ,子供にとって目新しい事物のやり方を教えてくれ,世の中のいろんな話をしてくれるからである。子供たちは,両親が自分を愛していることをしだいに理解するだろうが,それは,あたりまえの事実として受け取られなければならない。子供が両親に対して感じる愛情は,よその子供たちに対して感じる愛情とはまったく異なるものであろう。親は子供のこととの関連で(念頭において))行動しなければならないが,子供は自分自身と自分の外の世界との関連で(念頭において)行動しなければならない。ここが本質的に違うところである。子供は,親との関連で果たすべき重要な役割をまったく持っていない。子供の役割は,知恵と身体において成長することであり,子供がそのように成長している限り,健全な親の本能は満足するのである。
posted by russellian-j2 at 11:39| Comment(0) | ラッセル『教育論』

2015年05月12日

'mother-in-law' は「妻のママさん?」

明日メルマガ(『(ほぼ日刊)ラッセルの英語』 http://archive.mag2.com/0001623960/index.html )で配信する予定のコンテンツの一部です。ラッセル『教育論-特に幼児期における』(1926年刊)第11章の一部ですが,この中で 'mother-in-law' という言葉が出てきますが,日本においては,通常であれば、「義母(義理の母)」あるいは「姑」と訳せばよいということになりますが、それでは誤解を与えることになる可能性があります。なぜなら、日本では,婿入りする男性は少ないので,「義母」というと,妻にとっての義母(夫の母親)を連想し、「嫁と姑との確執」の問題が連想されます。しかし,欧米では,「嫁と姑」との問題よりも,「婿(夫)と姑(妻の母親」との間の問題のほうが多いとのことです。
 そういうこともあり,岩波文庫版の安藤訳では,'mother-in-law' をここでは,「妻のママさん」と訳しています。つまり,夫側から見た「妻の母親」(義母)が関心の的になっているわけです。母親から精神的に独立していない妻の問題をいっているわけです。
 以下,転載しておきます。
(なお,もっと詳しい情報は,http://russell-j.com/beginner/OE11-050.HTM を御覧ください)

(英文)
The primitive maternal type of woman derives most pleasure from the infant at the breast, and gradually less pleasure as the child grows less helpless. There is therefore a tendency, for the sake of pleasure, to prolong the period of helplessness, and to put off the time when the child can dispense with parental guidance. This is recognied in conventional phrases, such as being "tied to his mother's apronstrings (apron strings)". It was thought impossible to deal with this evil in boys except by bending them away to school. In girls it was not recognized as an evil, because (if they were well-to-do) it was thought desirable to make them helpless and dependent, and it was hoped that after marriage they would cling to their husbands as they had formerly clung to their mothers. This seldom happened, and its failure gave rise to the "mother-in-law" joke. One of the purposes of a joke is to prevent thought --a purpose in which this particular joke was highly successful. No one seemed to realize that a girl brought up to be dependent would naturally be dependent upon her mother, and therefore could not enter into that whole-hearted partnership with a man which is the essence of a happy marriage.

(松下試訳)
・・・。原始的な母親タイプの女性は,おっぱいを飲ませている赤ん坊から最大の快楽を得るが,子供が無力でなくなるにつれて,次第に快楽が少なくなっていく。そこで,快楽のために,子供が無力である時期を長びかせ,親の導きなしですませる時期を先へ延ばそうとする傾向が生じる。このことは,「母親のエプロンのひもにくくりつけられた」(注:"tied to his mother's apronstrings" 日本で言えば「乳離しない」か?)などの決まり文句の中にも認められる。この弊害は,男の子の場合は,学校へやる以外に治す手はないと(昔は)考えられていた。(これに対し)女の子の場合は,それは弊害とは認められなかった。その理由は,女の子は(もし裕福ならば)無力で人を頼りにする人間にしておいたほうが望ましいと考えられたからであり、また,これまで母親にすがりついていたように,結婚後は,夫にすがりつくようになればよい,と思われたからである。(しかし)そういうことはめったに起こらず,その失敗は,「おしゅうとさん(mother-in-law)」(注:男性側からみた「義理の母」つまり,妻の母親であることに注意。従って,mother in law を安藤氏は,「妻のママさん」とうまく訳されている。ちょっと見では誤訳と誤解する人がいそうであるが。/参考:「英語ジョークから見る「義理の母」=欧米では「義理の母」というと,日本と異なり、夫から見た場合の「妻の母」がより問題となるとのこと)というジョークが生まれた。ジョークのねらいの一つは,考えることを妨げることであるが−− このジョークの場合,そのねらいは見事に的中した。人に頼るように育てられた少女は,当然自分の母親に頼るようになるので,従って,幸せな結婚の本質である男性との心からの協力関係に入ることができないということを,誰も理解(認識)することができなかったようである。
posted by russellian-j2 at 18:43| Comment(0) | ラッセル『教育論』

2015年05月06日

one day は「一日」とは限らない(ラッセル『教育論−特に幼児期における』の誤訳)

 誰でもうっかり誤訳してしまうことがありますが,英語の大家であっても,得意な主題分野と不得意な主題分野があり,必ずしも論理的思考が得意とはかぎらないので,その例外ではありません。
 バートランド・ラッセルの英語は,論理的な書き方をしているので,多くの人にとってわかりやすく,それだけ誤訳の危険はすくないだろうと思われますが,ラッセルの発想の特徴がわからないと,また幅広い教養がないと,うっかりして誤訳してしまいます。
 以下ご紹介するのはそのひとつですが,たとえ英語がそれほどできなくても,論理的な思考が得意であれば,これは誤訳ではないかと気づくことができる例です。
 すぐに長い英文がくると,読みたくないと思う方がいるといけないので、日本語の訳文と誤訳の指摘を先にあげ,英文はその後にします。英文を読みたくない人は読まなくてもけっこうですので,日本語のところだけでも読んでみてください。英文も読んでいただければもっと良いですが・・・。

============================
 ラッセル『教育論−特に幼児期における』第10章「他の子供たちの重要性」の誤訳について
 http://russell-j.com/beginner/OE10-060.HTM ← こちらに見やすいものがあります。

・・・前略・・・。もちろん,ジョン・スチュアート・ミルが育てられたような,3歳でギリシア語の学習をはじめ,普通の子供らしい楽しみは何も知らない,というふうなやり方で育てることは可能である。単に知識を身につけるという観点だけからすればその結果はよいかもしれないが,全体的見地から見れば,私はその結果を賞賛することはできない。ミルが『自伝』の中で語っているところによると。彼は思春期に,あらゆる音符の組み合せはいつの日にか(いつか必ず)使い果たされ,そうして新しい作曲は不可能となるだろう,と考えて,自殺しかけたことがあった,とのことである。(訳注:安藤訳も,魚津訳も,堀訳も全て「あらゆる音符の組み合わせは一日で使い果たすことができるので,新しい作曲が不可能になると考えて,自殺しかけたことがあった」と訳されている。「あらゆる音符の組み合わせが一日で使い果たすことができる」なんてことは,常識的に考えてありえないことであることから,誤訳だと思わなかったのだろうか? また can be used up ではなく would be used up と書かれていることにも注意が必要だろう。結論を言うと one dey は前置詞がついていないことから,副詞的用法であり「いつの日にか(いつか必ず)」ということであり,論理学者でもあったミルらしく,音符の組み合わせは膨大かもしれないが,その組み合わせは'有限'なものであるから,いずれ新しい曲など作れなくなってしまうという「強迫観念」にかかってしまった,というのが正解であろう。私のこの解釈を補強するよい説明がweb上にないかと,Googleで検索したところ、日米ハーフの Jun Seenesac 氏の「one day と someday の違いと使い分け」という文章があった。「英語学習コラム」の記事のひとつですが,お勧めです。)この種の強迫観念が神経衰弱の症状であることは,明らかである。後年彼は,父親の哲学が間違っていたかもしれないということをあきらかにしそうな論拠を思いつくたびに,まるでおびえた馬のように後ずさりし(shied away from / shay の過去形),それによって,彼の推論能力の価値を大いに減少させてしまった。もっと普通の青年時代を過ごしていれば,おそらく,もっと柔軟な知性の持ち主になっていたであろうし,彼の思索ももっと独創的なものになっていたことであろう。それはともかくとして,もっと人生を楽しむ能力を身につけただろうことは確かであろう。私自身も,16歳までは − ミルの場合よりはいくらかひどいものではなかったが− 個人教育によって育てられた 。しかし,それでも,若者の普通の喜びに欠けるところが非常に多かった。ミルが言っているのとまったく同様に,私も思春期に自殺したいという気持ちにかられた経験がある。私の場合は,力学の法則が私の身体の運動を規制しており,意志は単なる幻影にすぎない(自分にはまったく自由意志はない),と考えたからであった。同年輩の友達と付きあうようになってから,私は,自分が堅苦しい気取り屋であることがわかった。その後いつまでそうであったかは,私の言うべきことではない(注:なぜなら、この本を出した1926年でも,他人はラッセルのことを「堅苦しい奴だ」と思うかもしれないから。ラッセルらしい物の言い方。因みに,魚津氏は「その後いつまでそうであったか,私は知らない」と訳されている)
===============
(原文)
It is, of course, possible to bring up a child as John Stuart Mill was brought up, to begin Greek at the age of three, and never know any ordinary childish fun. From the mere standpoint of acquiring knowledge the results may be good, but taken all round I cannot admire them. Mill relates in his Autobiographhy that during adolescence he nearly committed suicide from the thought that all combinations of musical notes would one day be used up, and then new musical composition would become impossible. It is obvious that an obsession of this sort is a symptom of nervous exhaustion. In later life, whenever he came upon an argument tending to show that his father's philosophy might have been mistaken, he shied away from it like a frightened horse, thereby greatly diminishing the value of his reasoning powers. It seems probable that a more normal youth would have given him more intellectual resilience, and enabled him to be more original in his thinking. However that may be, it would certainly have given him more capacity for enjoying life. I was myself the product of a solitary education up to the age of sixteen--somewhat less fierce than Mill's, but still too destitute of the ordinary joys of youth. I experienced in adolescence just the same tendency to suicide as Mill describes--in my case, because I thought the laws of dynamics regulated the movements of my body, making the will a mere delusion. When I began to associate with contemporaries I found myself an angular prig. How far I have remained so it is not for me to say.
 
posted by russellian-j2 at 16:01| Comment(0) | 誤訳(英語)